夏場の足音といった水遊びって咳が止まらない小児のお願い

晴れ上がるといった、カーッと硬い日射しが殺人的近頃ですね。夏場の足音がすぐそこまで聞こえてます。
5月々ぐらいの暑さは好きなんですが、8月々の暑さはムシムシしてて息苦しくて好きではありません。と言うよりキライだ。暑さに逃げ場がないよー。
そういった暑さのセンター、幼児は幼稚園で水遊び。ずいぶん楽しかったみたいで大はしゃぎだったらしいです。
ただ、はしゃぎ過ぎたみたいで家に帰るなり即マイナス。自ら枕をセットし、御丁寧に「寝る」宣言してからダウンしました。
晩もマイナス。そうして発熱。めずらしく大好きのコロッケをも拒否しました。果物も拒否して、よもや何も食べないの?!と心配したのですが、ゼリーとヨーグルトはペロッと平らげてくれました。
そうしたら微熱はあるものの元気に幼稚園へ行ってくれました。行ったからには水遊びしてきちゃうんですけどね…。一人だけ見てるとかできないですしね…。
とっくに微熱もおさまったんですが、咳がちょっと立ち寄りません。どうしたら良いんでしょうか。
そういう幼児が七夕の短冊に書いたリクエストは「最高大物(ワンピースの)になりたいな」。ワンピース好みですなんて家ではワンポイントも聞いてませんけれども。ましてやルフィじゃなくて大物?大物途中で死んじゃうからダメー!とは言えない女房でした。