国連者生態会議や国連生態発展会議について

試合について訓練をしました。国際的な試合としては、実情欠点をはじめて国際に検討した国連パーソン実情ミーティング(1972層)が注目されました。ここでは、「かけがえのない地球」をスローガンに掲げ、パーソン実情保証が採択されました。また、1992層の「国連実情成長ミーティング(地球サミット)」では、「持続可能な成長」を初心信念とした「リオ保証」が採択されました。こういう中で、温暖化排除のための天気遷移構造条約が取引されました。そのほかにも鳥獣の多様性の手入れと続行的消費、その黒字の公平な流通のための鳥獣多様性条約などが取引されました。2002層、南アフリカ和国家で実情・成長サミットが開かれ、「持続可能な成長」などに向けて具体的な活用方法が採択されました。只今、国連実情方法(UNEP)を中心に実情不幸排除への戦術がおこなわれてある。実情欠点の深刻化が心配されているので、実情欠点について考えてみようかなと思いました。